スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経産省が次世代車普及策まとめる

経済産業省は28日、水素などを燃料とする次世代自動車の普及策をまとめた。今後5年間に約2000億円強の予算を投入し、燃料電池の技術開発や、二酸化炭素(CO2)排出量が少ないバイオ燃料の普及に向けた基盤整備に取り組む。

技術開発では、燃料電池自動車の高性能化や耐久性の向上を図り、平成42年までにガソリン車並みの低価格化を図る。CO2排出削減につながる道路の混雑防止策も強化し、都市圏の平均速度を2倍に引き上げる目標も掲げた。

技術開発って自動車会社や電池を製造している会社がやっているんだよな、ということは予算
のお金はそういう会社に回るのか?
道路の混雑防止にはどんな案があるのかな、この件に関しては人口が減少しているので少子化対策が劇的に効果を上げない限り自然と解消していきそうだけど。


 バイオ燃料では、品質確保や脱税を防ぐため、次期通常国会で法整備を図る。食料と競合しない木材などを活用する技術開発も強化。現行1リットル当たり約150円するバイオ燃料価格を、27年までに40円に引き下げるとした。

あと8年で40円になるということはあと数年でレギュラーガソリンのリッター価格を下回るのか
な?もし下回ったらバイオ燃料の普及は加速しそうだが。

(引用:iza:イザ!

スポンサーサイト

TAG : 経済産業省 燃料電池 バイオ燃料 道路の混雑防止策 CO2排出削減

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。