スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天、ブラウザベースのインスタントメッセンジャー公開

楽天は5月23日、独自開発の「楽天メッセンジャー」β版を公開し、インスタントメッセンジャー事業に参入した。Webブラウザで利用でき、携帯電話のメールにメッセージ送信する機能などを備えたのが特徴。メッセンジャー専業の100%子会社を設立した上で展開する力の入れようで、「楽天市場」などのユーザーベースをいかしてメッセンジャーを利用したことがないユーザー層にも普及を目指す。

楽天メッセンジャーは、最大4人までのテキストチャットと、1対1の音声チャットがブラウザ上で可能だ。音声コーデックにはIP電話でよく使われる「G.711」を採用し、高音質に通話できるようにした。

 「退席中」など今の状態を設定できるプレゼンス機能や、ハンドルネームの隣に短いテキストを書き込んでおける機能など、メッセンジャーの基本機能を備えた。

 携帯電話との連携機能も備えた。ステータスを「ケータイ受信可能」に設定しておけば、メッセージを携帯電話にメールで受信でき、そのまま返信すれば相手のメッセンジャー画面に反映される。同社によると、携帯メールでメッセージ受信できるメッセンジャーは国内初。

 楽天IDがあれば無料で利用できる。同社のSNS「楽天リンクス」(会員80万人、ブログ会員と共通)と連携しており、リンクスのユーザーページから友人のオンライン状態を確認し、ワンクリックでチャットを始められる。

 フリービットから技術提供を受け、楽天本社で開発した。対応OSはWindows XPのみで、ブラウザはInternet Explorer 6.0 SP2以上。最初の利用時にActiveXのインストールが必要。

後発組みはやっぱりこれはいいなと思わせるほかにはない機能がないとなかなか難しいかも
しれないけど携帯と連携はどの程度受け入れられるのかがカギかな。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト

TAG : 楽天 ブラウザベース インスタントメッセンジャー

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。