スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱自動車の国内事業活性化はうまくいくのか?

三菱自動車は22日、都内のホテルで国内事業についての記者会見を行った。その席上、益子修社長は「2007年度は年度目標の達成は当然のことだが、国内事業の活性化が最重要課題の一つと認識している」と強調した。

しかし、国内の新車販売は前年割れの状態が続き、この4月も前年同月比92.5%で依然と厳しい状況が続いている。そのため、「国内事業は量から質へと戦略を転換する」(益子社長)ことにした。今年度の販売目標も05年1月の再生計画時に掲げた27万8000台から25万台へと見直した。

益子社長は「25万台でも利益の出せる体質を」と力説し、その大きな柱として3つ上げた。1番目が登録車販売比率の向上で、2番目にアフターサービス事業の強化、そして3番目が販売ネットワーク再構築の加速で、「スピード感を持って取り組んでいく」(益子社長)としている。

なかでも登録車販売比率の引き上げについては、06年度の30%から07年度は40%に引き上げる計画だ。それによって、平均新車売上単価も06年度の116万円から07年度は136万円になると見ている。

量より質といっても質も量も良さそうな車もあるなかで本当にうまく行くのか一抹の不安を
感じるな。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト

TAG : 三菱自動車 益子社長 国内事業活性化

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。