スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競馬のファン離れを加速させてしまいそうな記者とエージェントの兼業

ダービーを控えた競馬界を見渡すと、ある異変が起きていることに気づく。
天才騎手・武豊が大不振なのだ。
「例年、断トツの勝利数でほかの騎手の追随を許さない武が、今年は5月1週終了時点で、全国6位。トップの安藤勝己に20勝以上水を開けられているんです」(スポーツ紙競馬担当記者)

数々の輝かしい記録を持つ天才に何があったというのか?
「騎乗停止処分で出遅れたことも一因ですが、それ以上に、競馬専門紙Kの記者たちがエージェント集団を結成し、安藤、岩田康誠、四位洋文、福永祐一といった有力騎手を確保。今までなら武が騎乗していたような一流馬を、その騎手たちに回しているんです」(同)
 競馬ファンでさえ聞き慣れない「エージェント」。だが、今や「エージェントなしに、競馬は回らない」(某調教師)といわれるくらい、重要な役割を担っているという。

ふーん、競馬ファンでない自分としてはこんな感じだが、ファンにとってはえーとかガーンとか
なのかな。

「騎手に代わって、乗り馬を調教師と調整するのが彼らの役目。ほとんどの場合、スポーツ紙や競馬専門紙の記者が兼任しています。誕生したのは、20年ほど前。今までJRAはその存在を認めていませんでしたが、昨年5月から届出によって公認するようになったんです」(専門紙記者)

兼任をJRAが認めてしまっていいのかな、というか認めてしまったらまずいでしょう。

人気騎手ともなれば、騎乗依頼も数多く舞い込んでくる。騎乗に専念したい騎手としては、面倒な交渉作業を彼らに任せられるという利点がある。
「エージェントは、騎乗馬を集める代わりに、勝利した際の賞金のうち、騎手の取り分から5?10%を受け取るのが、一般的です」(同)

サッカーや野球でも選手が仕事に専念したいのと同じなんでエージェント自体はあっていいい
ように思うがやはり兼任が問題だな。

もちろん、武にもH氏という専属エージェントがいるが、調教師にしてみれば、武に断られたら最後。違うエージェントに頼んでも、その頃にはいい騎手は残っていない可能性が高い。
「しかし、エージェント集団は、複数の有力騎手を確保しているため、このような事態が起きない。そうして彼らは、武の有力馬独占を打ち破ったんです」(某エージェント)

なんでも独占はいけませんな、そういう点からみるとエージェント制度の確立は絶対必要
だな。

結果、今年に入って武が、人気のない馬に騎乗し、勝てないケースが増えているというわけだ。
 とはいえ、特定の騎手の利害に、中立であるべき競馬マスコミの記者がかかわるのは、違和感をぬぐえない。事実、海外では、記者とエージェントの兼業は厳禁だという。
「要するに日本では、騎手も記者も調教師もズブズブの関係。真剣勝負などほど遠く、ファンのことなど全く考えていない不透明ぶりです。こんな状況に嫌気が差した武は、近々、海外を主戦場にするなんていう噂も囁かれています」(同)
 ディープインパクトの引退とともに深刻化する競馬のファン離れは、さらに加速しそうだ……。

そらそうだろうな海外では兼業禁止は当然で日本が異常にみえまくる。
自分は競馬しないから知らなかったけど、競馬のファン離れって深刻化していたんだ。

(引用:ライブドアニュース)  

スポンサーサイト

TAG : 競馬 武豊 記者 エージェント

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。