スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小中学生に「デスノート」を使って人を呪う遊びが流行

2007年5月10日、中国中央電視台は広西チワン族自治区南寧市の小中学生に「デスノート」を使って人を呪う遊びが流行していると報道、教育専門家による子供たちの成長に負の影響があるとのコメントを流し、小学生の子供を持つ親らに注意を呼びかけた。
「デスノート」は日本の人気漫画。映画化・アニメ化もされ、中国でも絶大な人気を誇る。特に「デスノート」のグッズが人気だ。劇中では、「デスノート」に名前を書かれた人間は、ノートに書かれたとおりの死に方をするという設定になっている。

デスノートを使った遊び自体は以前から中国で流行し、メディアでも取り上げられてきた。中国最大のテレビ局である中国中央電視台が取り上げ、家長らに注意を呼びかけた影響は大きい。近年、日本漫画の悪影響を糾弾する意見も増えており、今回の「デスノート」問題が日本漫画バッシングを加速させる懸念もある。

人気が出ればマネをしたくなるのが一般市民だからしかたなしかな、普通のイジメじゃなくて
ノートに書かれるだけなんだったら実害ないのでまだマシか?マンガのとうり本当に死んで
しまうと洒落になんないけど、人を死ねと思うこころが育つことが将来的に考えて怖いことでは
あるけど。

このニュースを知って日本でも流行ったりすることがないことを祈りたい。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070511-00000007-rcdc-cn

スポンサーサイト

TAG : デスノート 人を呪う遊び 流行 広西チワン族自治区南寧市

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。