スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SuicaとPASMO、2枚一緒に持っていても安心

3月18日以降、PASMOを手に入れたかなりのユーザーがSuicaと共存ができないのを知って戸惑っている。Suicaを解約するといっても、実はチャージした金額を払い戻すには210円の手数料が必要。また通勤経路によっては、SuicaとPASMO、2枚の定期を持たないといけない場合もある。2枚を共存するにはどうしたらいいのだろうか。

そんな課題を、パスケースの工夫で解決したのが群馬県に本社を持つシェリーだ。電波を通さない素材を挟み込んだパスケース「アイクレバー」を開発。片面にSuica、もう片面にPASMOを入れることで、タッチした面の非接触ICを利用できるようにした。

  「商品化のアイデアは、関西でPiTaPaとICOCAを同時に利用したことによるエラーの話から始まった。3月18日のPASMO発売から、首都圏でも関心が高まってきている」とシェリーの清塚姿副社長は話す。


SuicaとPASMOを2枚同時に使うことで誤作動を起こしてしまった人や誤作動が気になって不便を感じている人はこれを試すしかないでしょう。かなりのアイデアヒット商品となる可能性ありだな。2枚同時に使う方法はこの電波を通さない素材を使うのだけど、電車などで不正にカード
の情報を読み出されないようにすために自分の体、SuicaやPASMOなどのカード、不正から
防御するカードの順番で使用して防御するカードなんかはこの非接触タイプのカードが出だしたころからネットでも出だしたけど、このパスケースはそれの延長上にできた製品なんだろう。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070424-00000061-zdn_b-sci

スポンサーサイト

TAG : Suica PASMO2枚 共存 2枚同時

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。