スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電撃文庫ムービーフェスティバル「灼眼のシャナ」「キノの旅」「いぬかみっ!」3本立て

「電撃文庫」(メディアワークス)の人気ライトノベル「灼眼のシャナ」「キノの旅」「いぬかみっ!」の3作が劇場版アニメになって同時上映される「電撃文庫ムービーフェスティバル」が4月21日から全国で公開された。急増するライトノベル原作アニメだが、劇場版3本立ては初の試みだ。

「電撃文庫」は93年に創刊され、07年3月現在で総タイトル数1408点、月刊平均発行部数が約100万部で、ライトノベルのシェア約40%を占めるトップレーベルだ。

すごいな、これだけのシェアがあればなんでもあり?

 発行元のメディアワークスは、ゲーム雑誌やマンガ誌などを出版しており、アニメ化や商品化といったメディアミックスが得意で、これまでも「ブギーポップ」(上遠野浩平)、「半分の月がのぼる空」(橋本紡)、「イリヤの空、UFOの夏」(秋山瑞人)などの人気作をアニメやドラマなどで映像化し、成功を収めてきた。

ライトのベルの売れ行きをみて映像化すれば、大はずれは回避できるだろうから安心して
制作に挑める。

「電撃文庫ムービーフェスティバル」で同時上映される3作品は既にテレビアニメ化されており、「シャナ」は「のだめカンタービレ」のJCスタッフが制作、ジェネオンエンタテインメントがDVD販売を担当、「キノ」は「ネギま!?」のシャフトとポニーキャニオン、そして「いぬかみっ!」は「魔法少女リリカルなのは」シリーズのセブン・アークスとキングレコードと、制作会社とDVD販売会社はみなバラバラ。「東映まんが祭り」など同じ制作会社のアニメ作品を同時上映するケースはあったが、今回の「ムービーフェス」はその点異例といえる。どうやって実現したのか。

アニメという大きな会社という感じなんだろうな、いや違うか電撃文庫連合軍というところかな。
アニメの売り出し方も時代によってどんどん変化していくんだろう。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070420-00000008-maia-ent

スポンサーサイト

TAG : 電撃文庫ムービーフェスティバル 灼眼のシャナ キノの旅 いぬかみっ! 人気ライトノベル

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。