スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本郵政公社、融資・預金の銀行システム購入

日本郵政公社が、10月の郵政民営化で発足する「ゆうちょ銀行」の基幹システムの購入先を、5月下旬に実施する一般競争入札で決めることが15日、明らかになった。

ついに巨大銀行が動きだすようですな。

購入するのは、融資業務や預金業務などを統括するシステム。ゆうちょ銀は住宅ローンやカードローンなどの融資業務への新規参入を目指しているが、現在の郵貯システムでは対応できない。

今まではそういうところを規制されていたということか、その制限が外されたとき日本の融資の
状態はどうなってしまうのか、ちょっと怖い気がする。

 対応できるシステムを独自に作ると数年かかるため、開発時間の短縮を考え、ほかの銀行で稼働実績があるシステムを購入することにした。ゆうちょ銀は購入したシステムを2009年にも稼働させる。

稼動してからの不具合で大騒ぎという確率は実績あるシステムを購入することによって
低くなるのはいいことだ。


 ゆうちょ銀は、振り込みや送金などに使うコンピューターシステムは、りそな銀行の前身の旧大和銀行が使っていたシステムを購入する方針を固めている。

りそな銀行は敵に塩を送る形になるのかな。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070415-00000215-yom-bus_all

スポンサーサイト

TAG : 日本郵政公社 銀行システム購入 ゆうちょ銀行

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。