スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜で増殖「大人向けアニメ」一方でゴールデン撤退続く

子供のテレビアニメ離れが加速している。視聴率は年々下降し、かつて多くの人気番組が登場したゴールデンタイム(午後7?10時)からは「まんが日本昔ばなし」などアニメ番組の撤退が続く。一方、深夜時間帯では大人向けに多様なジャンルのアニメが競合し、複雑に変化している。

調査会社ビデオリサーチによると、2001年に6.2%だったアニメ番組の年間平均視聴率(関東地区)は昨年3.6%に。常に10%以上が期待できるのは「サザエさん」や「ちびまる子ちゃん」など数えるほどだ。

パーセントでいうと子供の数が減っているので数字が減るのも仕方がないのかと思いますが
ここまで減るとゴールデンの放送撤退が相次ぐのは当然かな。

象徴的なのが昨年秋のフジテレビの番組改編。海を舞台にした冒険ファンタジー「ONE PIECE」が日曜朝(関東地区)に移るなどゴールデンタイムからアニメが消えた。「ドラゴンボール」といった人気番組を生んだ同局だけにアニメ凋落(ちょうらく)を印象づけた。「Dr.スランプ アラレちゃん」など視聴率30%を超すヒット作が続いた1970年代後半から80年代までの隆盛は、もはや過去のものだ。

ワンピースは人気があると思っていたが、自分は録画して空いた時間にまとめてみているので
あまり放送時間が変わった意味を理解していなかった。

一方で盛り上がっているのが深夜帯アニメ。美少女もの、ロボットものなど内容は多彩。民放キー局は現在、関東地区で週に15本以上を放送している。

視聴率が期待できない深夜帯でなぜアニメが増えるのか? アニメ専門誌「アニメージュ」の松下俊也編集長は「テレビ局の狙いが視聴率から、番組をDVD化するなどした関連商品の売り上げに移っているため」と説明する。DVDが一万枚売れれば採算が取れ、関連商品や海外販売の展開も可能というわけだ。キー局幹部も「関連商品で確実にもうけられるから、低視聴率でも気にならない」と明かす。

ガンダム世代やエバンゲリオン世代でアニメにどっぷり浸かった世代などはアニメを大人に
なってもみてしまう。
大人になったらアニメなんか見なくなると昔は思っていたが、それは子供のころにアニメを
見る機会が少なかった世代の考え方だったんだろうな。

 テレビアニメは、もはや大人のものなのか。大木部長は「テレビアニメは愛や正義の大切さを子供に伝えてきた。子供がコアなファンとなる作品を作り続けることは、テレビメディアの責任だ」と話している。

確かにガンダムやエバンゲリオンなど大ヒット作があれば大人になってDVD-BOXなんかが
でると数万円もするものでも買う人がいるもんな、そういうこと考えるの子供のころに印象に
残る作品をテレビメディアは提供しておくことが将来の繁栄に繋がっていくのだろうな。

(引用:iza:イザ!

スポンサーサイト

TAG : 大人向けアニメ ゴールデン撤退

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。