スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータイユーザーは 「暇」「つまんない」で検索する?

ケータイで検索するときは「暇」「つまんない」といったキーワード、「感情語」で検索する場合が多いーー。ケータイ向けポータルサイトの社長が、こんな発言をした。普通は検索するときは固有名詞をキーワードにしそうなもの。実際のところはどうなのか。

発端となったのは、ケータイ向けポータルサイト「F★ROUTE(エフルート)」を運営する「ビットレイティングス」の佐藤崇社長の発言。2007年3月30日に配信されたIT系ニュースサイト「ITMedia(アイティメディア)」のインタビューで、このように説明している。

「検索ワードには『暇』『つまんない』など“感情語”を入れる人が多いという。『携帯ネットユーザーは、暇つぶしのために携帯ネットを使うことが多いことが原因では』と佐藤社長は分析する」

ちなみに、PCから検索する際の検索エンジンの代表である、ヤフーの「2006検索ワードランキング」は、上から「mixi」「2ちゃんねる」「Google」「楽天」「amazon」といった具合で、固有名詞が並んでいる。この状況を見ると、「ケータイだと『感覚語が多い』」という状況は、ちょっと想像しづらい。

実際に07年3月の月間ランキングを取り寄せてみると、やっぱり「感情語」に類するものは50位以内には見つからない。上位は「赤西均」「小栗旬」といった「話題の人」が目立つ。

この赤西均は赤西仁を間違って検索したということなのか、ただの書き間違いなのかどちら
なんでしょうか?

 ビットレイティングス社の検索エンジン担当者は、この背景をこう説明する。

「”感情語”での検索は、絶対数で多い訳ではなく、(ロングテールの)『テール』の部分で目立つ、ということです。頭の中で考えていることを、そのままケータイに入力する、というケースが多いようです。URLが目に入った直後に、(アドレスを打ち込む欄ではなく)検索窓に『http://?』と打ち込む例も多いです」

一方、ケータイ向け検索サイトを運営する「ウェブドゥジャパン」の「2006年1月?6月ケータイ検索キーワードランキング」でも、上位は、こんな言葉が並んでいる。

「掲示板」「デコメ(ケータイで装飾文字を使えるサービス)」「着メロ」「着うた」「ストリーミング」

   同社では「感情語」の存在について「当社ではそのような検索キーワードは少なく、名詞による検索がほとんどであると理解しております」とコメントしている。

結局のところ直で感情語と言われる言葉を使ってるわけではないということか?
ひとつの会社が言ってるだけで、他社はそんなことはないと否定的ですね。自分は検索は
パソコンからがほとんどなので携帯の検索の実情はわからないけど、待ち時間の暇をつぶす
何かを探す気持ちはわかるのでこういう検索はすることもあるんでしょう。

(引用:J-CASTニュース

スポンサーサイト

TAG : ケータイユーザー 携帯 ケータイ検索エンジン 「暇」 「つまんない」

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。