スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光とADSLの契約件数がもう逆転するの?

2006年12月末現在におけるフレッツ・ADSLの契約数は、3月末と比較して19.8万減の548.2万、Bフレッツ(フレッツ・光プレミアムを含む)は194.4万増の536.2万となった。2日に日本電信電話が発表した2007年3月期第3四半期の決算にて、明らかになった。

なお、2日に発表された数字は、12月末現在のもの。1月10日現在の速報値として、NTT東日本のBフレッツは300万契約、フレッツ・ADSLは287.5万契約になったと発表している。一方のNTT西は、同じく1月10日の速報値としてフレッツ光とフレッツ・ADSLの合計が500万回線。

詳細は以下のとおり。

●フレッツ・ADSL
 NTT東日本:287.9万契約(12.2万契約減)
 NTT西日本:260.6万契約(7.6万契約減)
 合計:548.5万契約(19.8万契約減)
●Bフレッツ
 NTT東日本:297.6万契約(108.7万契約増)
 NTT西日本:238.6万契約(85.7万契約増)
 合計:536.2万契約(194.4万契約)
●ひかり電話
 NTT東日本:134.4万契約(87.2万契約増)
 NTT西日本:118.9万契約(79.3万契約増)
 合計:253.3万契約(166.6万契約増)

※2006年12月末現在の数字、かっこ内は4月からの増減

・この勢いで光回線への移行が続いたら、速度を維持できるのかな?

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト

TAG : ブロードバンド ひかり ADSL インターネット

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。