スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ダイエット]実は知られていない、コーヒーと排便の関係

便秘気味になってしまったけれど、便秘薬には頼りたくない。そんな時、アナタは何にすがるだろうか? プルーン、バナナ、ゴボウ、サツマイモ……、「便秘に効く!」と言われる食べ物は多いけれど、ある身近な飲み物で排便を促すという人が実は多い。その飲み物とは、コーヒー。

排便を意識してコーヒーを飲んでいなくても、考えてみれば、コーヒーを飲んだ日の朝はお通じがあるな、なんて思い当たる人もいるはず。ある調査機関では、コーヒーを飲んで過ごす日と飲まない日とでは排便回数が違い、特に1日2杯以上飲むと、排便が改善されるという研究結果も出ている。コーヒーを飲む習慣が腸の働きを活発にし、便秘解消への手助けになり得るのだ。

もともと便秘派というよりはどちらかというと下痢派ですので、コーヒーは1日に2?3杯は飲みますがあまり実感はない。整腸には効かないのかな。

それでは、コーヒーの何が効くのか?
コーヒーの主成分「カフェイン」には、もともと覚醒感を生む働きがある。これは、疲労感をもたらす物質「アデノシン」が脳に取り付くのを、カフェインが妨害し、脳が覚醒状態になるためだが、同時に利尿作用や排便を促進する作用もあり、これにもアデノシンがからんでいる。膀胱壁の収縮や内尿道口の開閉にも関係する、膀胱括約筋(かつやくきん)に取り付いて、その作用を抑制しているアデノシンの働きを、カフェインが妨害することで起こるのだ。

ここまで科学的に分析されるとカフェインはもの凄く良いもののように思えてきてしますが
よくノンカフェインというのを耳にするけど、カフェインとは何に良くないのだろう。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト

TAG : ダイエット 排便 便秘薬 便秘に効く カフェイン コーヒー

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。