スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オービス通過後途端に加速するドライバーはこれからは止めましょう

速度違反自動取締装置(オービス)を通過した途端に加速するドライバーを、その先にこっそり設けた移動式オービスで捕捉する新しい摘発作戦に、大阪府警が今月から本格的に乗り出した。

オービスの設置地点はインターネット上で情報が出回り、ドライバーの多くはその地点だけ減速して取り締まりを逃れているのが実情。

急いでいないときはオービスじたい気にもならないがそうでないときは確かにそういうことをしてしまう。これで捕まっても違反しているのだからなんの文句も言えないな。

 府警は、こうしたドライバーの〈油断〉に着目。3月末現在、全国ワースト1の交通事故死者数(80人)抑制につなげたい考えだが、ドライバーからは「そんな世知辛いことまでするか」とのぼやきも聞こえてくる。

するでしょう!スピード違反も駐車違反のように徹底的に取締りをされればだんだんと減って
くるだろうし、平均スピードも低下してくるんじゃないのかな。

 府警によると、一般的にオービスと呼ばれるのは、道路上の橋梁(きょうりょう)などに固定された「レーダー式オービス」。通過車両に投射し、跳ね返ってきたレーダーの周波数などから速度を計算、併設のカメラで速度超過の車両の写真も撮影する。

まだ写真を撮られたことはないけど一度だけ高速で猛スピードで追い抜いていった車が目の前でピカッと光って写真を撮られたのを見たことがある。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070407-00000006-yom-soci

スポンサーサイト

TAG : 速度違反 オービス 取り締まり 摘発

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。