スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩村が本拠地開幕戦で大暴れ

米大リーグは6日、レンジャーズの大塚晶則が当地でのレッドソックス戦で、今季初セーブ。2点リードの九回に登板し、1安打されたが後続を抑えた。レッドソックスの岡島秀樹は七回に2番手で登場、1回3分の1を無失点。試合はレンジャーズが2―0でレッドソックスを降した。

ガニエが復帰してくるまで安定した投球をしてセーブを積み重ねるとストッパーの座を手に
入れられるのかな。ガニエの年俸が高額だといくらいいピッチングしてもガニエの怪我が
治ってくるとまずは抑えで使いそう。
松坂も岡島も頑張っているが打線がまだ調子がでないレッドソックスって感じですな。

デビルレイズの岩村明憲は、本拠地開幕となるブルージェイズ戦に6番三塁で出場し、五回にメジャー初本塁打の1号ソロアーチ。九回もサヨナラ勝ちにつながるバント安打を成功させるなど4打数4安打と大活躍した。チームは5―6で敗れた。。

一試合だけではどうこう言えないけど、地元で最初にこれだけインパクトを与えられたのは
よかったしこれから乗っていけるのでは。
この記事おかしいですよね。サヨナラ勝ちなのに、チームが敗れるなんてあり得ない。
・・・・・やっぱりデビルレイズ勝ってました。

 

 オリオールズ戦に6番左翼で先発したヤンキースの松井秀喜は3打数1安打1打点。チームは4―6で敗れた。カージナルスの田口壮はアストロズ戦の7番中堅で4打数1安打。チームも4―2で勝った。パドレス戦に2番二塁で先発したロッキーズ・松井稼頭央は三回に先制の適時三塁打、五回には内野安打と1盗塁を決めた。チームも4―3で勝った。

今年は松井稼は調子がいいな、怪我なくシーズンを終えることができれば絶対成績を残せる
選手のはずだから怪我すんなよ。
 

 

 イチローと城島健司が先発したマリナーズ―インディアンス戦は五回途中で降雪ノーゲーム。井口のホワイトソックスも悪天候で試合が流れた。

今年気温低下の悪天候での試合中止多いな、地球温暖化の影響かな。
この中止で井口は心臓移植を待つ少年を激励にいったらしい、こういうのはメジャーリーガー
らしい。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト

TAG : 岩村 大リーグ 本塁打 デビルレイズ サヨナラ勝ち

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。