スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松坂を取り巻く報道陣の多さに敵地が仰天

カンサスシティの地元紙「カンサスシティ・スター」紙は4日付けの一面で、松坂を特集。「旅するサーカス団が、カンサスシティに到着した」という見出しで、約130人の日本人報道陣が、レッドソックスの松坂大輔投手を追いかけてやってきたと報じている。高校時代に甲子園で活躍した経緯やレ軍との契約内容などを報じると同時に、この大騒ぎの背景には、日米文化の違いがある、と同記事は指摘している。「もし、サッカーの期待の星、フレディー・アドゥ(米国人)が、欧州の一流チームと契約しても、130人の米国報道陣は取材についていかないだろう。そして、もし、ヤンキースのスター選手、デレク・ジーターが日本でプレーすることになったとして、2、3社の米国報道陣でさえ、ジーターが東京のどこで、いいハンバーガー屋をみつけたかどうか、必死にリポートしないだろう」

まあそうでしょうという感じ。ジーターが日本のプロ野球で活躍するのは当たり前と思っている
のにわざわざ大人数の報道陣は行かないと思うし、まだまだサッカー人気のないアメリカで
いくら期待の新人が有名クラブに入っても感心が薄いのでこれまた大報道陣を送る意味もない

でも本当に文化の違いなのかな、もし松坂が韓国か台湾のプロ野球にまだ力が衰えていない
うちに行ったとしたら、こんなに報道陣は行かなかったと思うしまたいくことはありえない。
多分上記の記事を書いた記者もジーターが日本のプロ野球にいくことはないと思っているのと
同じだと思う。

これは文化の違いではなく立場の違いに思える。自分の国のプロ野球を国民が上と思うか
下と思うかだと。いくらWBCで優勝したからといえどもアメリカの大リーグは日本のプロ野球
と違い外国人枠がないので力のある選手がどんどん他国から入ってくるので私自身はリーグ
としては日本より上だと思っている。そのリーグに日本プロ野球のエースがどれだけ活躍できる
のかもの凄く興味がある。そしてその興味がある人がたくさんいることがわかってるから報道も
加熱して大集団になる。
文化の違いと思えるのは、いいハンバーガー屋を見つけたか必死のレポートは文化の違い
何だと感じまくる。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト

TAG : 松坂大輔 報道陣

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。