スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vista導入の注意点

VISTA発売で賑わう大阪梅田のヨドバシカメラ。まず購入にあたって、気になる点を店員さんに聞いてみた。選択肢としては、新OSのVISTA搭載のパソコンを購入するか、または、所有しているパソコンにOSのみ購入してインストールするかである。

OSのみ購入する場合、特に注意が必要だ。所有しているパソコンがVISTAにアップグレードできるかどうかである。これは、マイクロソフトのこのページにアクセスすれば、調べる事が出来る。この画面からWindows Vista Upgrade Advisorをダウンロードし、VISTAが実行できるかどうかを確認できる。ショップへ来店される前に是非、チェックされることをお勧めする。

この時、普段使っているプリンターなどが対応できるかどうかも、チェックしてくれる。なぜなら、OSが変わるとこういった周辺機器が使えなくなることが多いからだ。VISTAは発売されて間もないので、周辺機器メーカーの対応が追いついていないので注意が必要だ。

また、今まで使っていたアプリケーションも使えるかどうか、チェックする必要がある。たとえば、ホームページ作成ツールや動画ソフト、画像編集ソフト類である。現在のところ、VISTAとの互換性を検証できていないソフトが多く、アップグレイドしたがソフトが使えなくなり立ち往生、ということがないようにしたいものである。

プリンター類もアプリケーション類も、大手製造元であれば、互換性に向けての対応を進めているので、製造元のサイトにアクセスすれば情報が見られる。

・搭載パソコンは周辺機器やアプリケーションがきちんと作動するかどうか、OSのみインストー
  ルの場合はさらにアップグレードできるか、インストールするパソコンでVistaが作動するか
  が問題みたい。

  それって、2014年までXPのサポート延びたので一般のユーザーはじっくり様子をみてから
  の方がいいってこと?

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト

TAG : Windows Vista OS

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。