スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桑田三本間は鬼門なのか?

パイレーツ・桑田真澄投手(38)が3月26日、オープン戦、ブルージェイズ戦に7回から2番手で登板。7回を3者凡退に抑えるなど、1回2/3を投げ1安打1四球無失点、1奪三振。

 しかし、8回一死一塁の場面で 中前打を打たれ、三塁のバックアップに入ろうとした際に球審と交錯し転倒。このアクシデントで右足首をねんざし、降板。報道によると重症とされており、開幕メジャーは絶望的となった。

1995年の右肘の大怪我もホームと3塁の間に飛んだ飛球に飛び込んでのもので、今回も
返球のバックアップにサードとホームの間を駆け抜けたあと審判と激突。
もういわゆる三本間は桑田にとって鬼門としかいいようがない。

前回のねんざは軽症ですんだが、今回は重症で開幕メジャーの夢は途絶えた。
しかし投球的にはよかったのでメジャーのマウンドに立つ夢はまだ終わっていないはず。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト

TAG : 桑田真

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。