スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界フィギュア、安藤美姫、浅田真央がワンツーフィニッシュ

フィギュアスケートの世界選手権は24日、東京体育館で最終日の女子フリーが行われ、安藤美姫(19)(トヨタ自動車)が優勝、初の金メダルを獲得した。

世界選手権で日本女子が優勝したのは、伊藤みどり(1989年)、佐藤有香(94年)、荒川静香(2004年)に次いで4人目。

日本選手の1,2位独占だ1位安藤美姫(195.09点)浅田真央(194.45点)キムヨナ(186.14点)
この得点差をみるにこれかもメダル争いしていくにはやはり4回転は必要ですな安藤さん。

また、初出場の浅田真央(16)(愛知・中京大中京高)も銀メダルを獲得。同一種目で日本選手が2人表彰台に立つという初の快挙となった。

ショートプログラム(SP)2位の安藤は4回転ジャンプを回避したものの大きなミスがなく、フリー2位で、SP首位の金妍児(キム・ヨナ)(16)(韓国)を逆転した。SP5位だった浅田はフリー1位で一気に順位を上げた。金は3位に終わった。中野友加里(21)(早大)は5位。

演技の構成で基本となるポイントが高いのかな真央ちゃん少々のミスがあっても得点の伸びが
違う感じがする。

浅田真央さん大ミスなければ200点なんて余裕なんだ。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070324-00000014-yom-spo

スポンサーサイト

TAG : 世界フィギュア 安藤美姫 浅田真央 優勝

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。