スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オシムジャパンペルーに勝利

サッカー日本代表の今年初戦となるペルー戦が24日、日産スタジアムで行われ、中村俊輔のFKから巻の頭で合わせ先制。日本代表がリードして前半を折り返した。後半にも中村俊輔のFKに、高原直泰が素晴らしいトラップから反転して追加点を奪い、2?0で勝利を収めた。

こんなに海外招集組みが活躍したことって記憶にないぞ。

中村俊輔、高原ら海外組をオシムジャパン発足後、初めて招集し考えられるベストメンバーで臨んだ日本代表。立ち上がりはペルーに主導権を握られ試合を支配される。日本は前半15分までシュートを1本も打てず。しかし、そんな悪い流れを断ち切ったのが中村俊輔の左足だった。高原が倒されて得たFKのチャンスに中村俊輔が正確なクロス。これを巻が頭で合わせ日本が先制点をあげた。

後半に入ると、長時間の移動の影響からかペルーの運動量が落ちたこともあり日本が支配をする。すると後半9分、前半に得点した時と同じような場所でFKを得る。中村俊輔が低めクロスを入れると、反応した高原が左足で見事なトラップ。反転して右足でシュートを放つと、ゴールに突き刺さり勝敗を決定付ける追加点をあげた。

中村俊輔存在感だしすぎ、すべての得点に絡むFKで得点を演出した。高原も得点を決めたし
いうことなし。
世界ランクが67位のペルーと41位の日本の対戦でこのランク差だとどれくらいの試合内容
だいと合格点なのかわからないけどとにかくよかった。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト

TAG : サッカー日本代表 ペルー戦 中村俊輔 高原直泰 巻o

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。