スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桑田がまたまたまた踏ん張った、メジャー487発男トーマス斬り

マイナー契約の招待選手、パイレーツの桑田真澄投手(38)が22日(日本時間23日)のブルージェイズ戦に2番手で登板し、1回無失点だった。13球で3者凡退に抑え、次回登板への望みをつないだ。
 六回、2番手で登板した桑田が、メジャー通算487発のトーマスを手玉に取った。196センチ、125キロの巨体に「僕の3倍くらいあるんじゃない?」と圧倒されながらも冷静に対処。

「(狙い球を)絞られたら果てしなく飛んでいくからね。四隅を使いながらタイミングを外そうと思った」と外角低めへのスライダーで三ゴロに仕留めた。「右ヒジを手術したとき、彼のプレーを見てる。対戦できて幸せ」と笑顔を見せた。
 後続も断ち、1回を3者凡退に抑えた。最速138キロながら味のある13球を、トレーシー監督は「ボールを10マイル速く見せる方法を知っている」と絶賛。最大で残り2つの開幕ロースター枠を10人以上で争う厳しい状況だが、コルボーン投手コーチは「今後は投げる機会も増えるだろう」。
 左足首ねんざで絶望的とみられた開幕メジャーを、桑田が必死にたぐり寄せている。

地元新聞では開幕は3Aでリリーフと言われたりしているらしいが、そんなことはどうでもいい
頑張って開幕メジャーを手に入れろ。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト

TAG : 桑田真

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。