スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エプソンダイレクトからWindows Vista対応パソコンが発売

エプソンダイレクトは1月30日、Windows Vistaに対応したミニタワーPC「Endeavor MT7800」、A4ノートPC「Endeavor NA702」、B5モバイルノートPC「Endeavor NA102」を発売した。

 「Endeavor MT7800」は、個人から法人まで対応できるミニタワー型PC。PCIスロットが3本で、うち2本はフルサイズに対応。さらにPCI Express x16スロット1本を装備し拡張性が高い。OSはWindows Vistaのほか、Windows XP Home EditionかProfessionalも選択可能。価格は、Windows Vista搭載時で6万3000円から、Windows XP搭載時は5万5650円から。

 「Endeavor NA702」は、SXGA+(1400×1050)またはXGA(1024×768)の14.1型液晶ディスプレイを装備したノートPCで、光学ドライブを搭載しても約2.1kgと軽量なのが特徴。天板にはマグネシウム合金を使用し、150kgfの全面荷重試験クリアの高い堅牢性も確保した。また、NVIDIA製ビデオチップ「GeForce Go 7300(128MB)」、1000Base-T対応の有線LAN、Bluetooth(Ver.2.0 EDR準拠)を標準装備する。価格は、Windows Vista/XP搭載時ともに11万9700円から。

 「Endeavor NA102」は、軽量のモバイルノートPCで、光学ドライブありで約1.2Kg、光学ドライブなしで約1.1kg。液晶ディスプレイは12.1型XGAで、150kgfの全面荷重試験をクリアしたマグネシウム合金製ボディを採用した。外装カラーがシルバー、開いたときの液晶周りとキーボード面がブラックの通常モデルと、天面、液晶周り、キーボード面をパールホワイトで統一した「Endeavor NA102 White Edition」の2モデルをラインアップする。

 バッテリー駆動時間は、5200mAhの軽量バッテリー搭載で約5.6時間、13000mAhの長時間バッテリー搭載で最長約12.6時間。価格は通常モデル、ホワイトモデル共通で、Windows Vista/XP搭載時ともに12万9800円から。

 エプソンダイレクトでは、これらの新モデルのほか、OSに「Windows Vista」をプリインストールした既存モデルの販売も、1月30日の「Endeavor Pro4000」を手始めに、2月上旬から順次受注を開始する。

・VistaプリインストールのPCがこれからどんどんでてくるが、ほんとうに快適に動作してくれ
  るのか心配

(引用:ライブドアニュース
 

スポンサーサイト

TAG : エプソンダイレクト Windows Vista

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。