スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくは"メッカフォン"を知らなかった!

今や一人一台といえるほど普及した携帯電話ですが、世界には日本人には意外な、でもある種の人々には実に便利な機能を持つ変わった携帯電話があるようです。それが2004年に韓国LG電子から発売された「7100 Qiblah(キブラ)」、通称"メッカフォン"です。

どういう経緯で製造に至ったのか。





メッカフォンの"メッカ"は、あのイスラム教最大の聖地である"メッカ"のことです。ちなみに、全世界には約14億人のイスラム教徒がいるとされており、彼らにとってメッカ巡礼は体力と財力が許す限り、一生に一度は果たすべき義務とされています。メッカ巡礼のほかにも、メッカにあるカーバ神殿に向かって1日5回行う礼拝(サラート)も有名ですよね。ちなみに、各礼拝の時間帯は月日によって若干異なりますが、1回目が夜明け(ファジュル)、2回目が正午(ズフル)、3回目が午後(アスル)、4回目が日没(マクリブ)、5回目が夜半(イシャー)と呼ばれるそうです。

メッカに向かってではなくて正確にはカーバ神殿に向かってだったんだこれは知らなかった。
礼拝する姿はテレビなどでよく見かけるが1日5回礼拝の時間があることも知らなかった。
勉強になった。

宗教と携帯電話という意外な組み合わせですが、なぜ携帯電話にそんな名前がついたのかというと、それは"メッカフォン"に内蔵されている機能のためなんです。

"メッカフォン"は、1日5回の礼拝時間をアラームで知らせてくれる上、携帯電話に内蔵されたコンパス機能をつかって、方位磁針がなくてもディスプレイ上に"メッカ"の方角を表示してくれるのです。しかも、世界500都市で利用できます。なんと電波が届かない地域でもコンパス機能が有効なので、砂漠(!)でも使えるということです。これなら、どこにいても大切な礼拝の時間を忘れることはなさそうですね。

こういうあったらいいな的な機能で多くの需要がありそうなものって、他にもまだまだたくさん
ありそう。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト

TAG : メッカフォン 7100 Qiblah キブラ 韓国LG電子

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。