スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linux携帯デバイス「wizpy」にアプリを追加できる開発キット

ターボリナックスは3月20日、携帯用のLinux搭載USBストレージデバイス「wizpy」にアプリケーションを追加するための開発キットを発表した。wizpy向けネットワークサービス「wizpy Club」で、3月30日に提供を開始する。

 wizpyは、重さ50gほどの小型USBデバイス。PCに接続すると「Turbolinux OS」を起動できるため、外出先にある任意のPCでユーザー自身のOS環境が利用可能となる。使用したPCにデータを残さないので、個人情報漏えいの心配がない。メディアプレーヤーやFMラジオといった機能も備える。

wizpy用開発キットの技術手順書とツールを利用すると、Linuxアプリケーションをwizpy向けの形式に変換し、wizpyから起動するPC環境にアプリケーションを追加できる。形式変換には、デスクトップOS「Turbolinux FUJI」と、標準搭載のコンパイラやライブラリなどを使う。

技術手順書って分かり易いのかな。これがiPodのように爆発的に売れて、Linuxユーザーが
増えてマイクロソフトが危機を感じてくれればWindowsOSが少しでも安くなってくれれば
と願わずにはいられないほどOSはWindowsの独壇場。

Linuxのアプリケーションをwizpy用に変換できるのは面白そうだけど、Linux使ったことない
のでどこ手に入れるのだろう。ツールを利用するとあるのでこのツールでどうにかできるのか。
分からんことが多すぎる。そんなに気になるなら買えということか、うんん・・・・

 2GBのものでも約30,000ぐらいする

中古ノートが買えてしまう値段なのがネックとなって踏み切れない。
外出先で今のところ特にPC利用しなければと思ったことがないのが迷う理由の最大の
原因なんだけどね。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト

TAG : ターボリナックス Linux wizpy アプリ追加 開発キット

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。