スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンクモバイル東芝製端末ほぼ全部入り「911T」を3月17日から販売開始

ソフトバンクモバイルは3月16日、東芝製のW-CDMA端末「911T」を3月17日から全国一斉に販売開始すると発表した。

911Tはワンセグ対応機ながら、厚さ約17.9ミリとスリムボディを実現したスライドモデル。ワイドVGA(480×800ピクセル)表示対応の3インチワイド液晶、A2DP対応のBluetooth、1Gバイトの内蔵メモリ、手ブレ補正機能付きの324万画素AFカメラ、S!FeliCaに加え、下り最大3.6Mbpsでの通信が可能なHDSPA規格「3Gハイスピード」に対応するなど、“ほぼ全部入り”のフル装備が魅力だ。

au携帯の「W52T」もほぼフルスペックで売り出されているが、どちらも「T」で東芝製ですね。
東芝は携帯に力入れてるのか。

また、Bluetooth機能を搭載するオークリー製のサングラス型イヤフォンレシーバー「O Rokr」をセットにした特別パッケージも用意。O Rokrを利用すれば、911TのA2DP+Bluetooth機能と連携してワイヤレスで音楽が楽しめる。911Tのボディカラーはブラック、シルバー、ホワイト、レッドの4色展開。

主なスペックは以下の通り。

機種名   911T
サイズ(幅×高さ×厚み)   約51×112×17.9ミリ
重さ   約145グラム
連続通話時間   約140分
連続待受時間   約330時間
アウトカメラ   有効324万画素CMOS
インカメラ   有効32万画素CMOS
メインディスプレイ   3インチVGA液晶(480×800ピクセル)
サブディスプレイ   ─
外部メモリ   microSD(別売り/最大2Gバイト)
ボディカラー   ブラック、シルバー、ホワイト、レッド

W52Tとは厚みが薄くなってる、のに重さがアップ。連続通話時間と連続待受時間が逆転
してるソフトバンクモバイルは連続待受時間が長く連続通話時間が短くなってる。
auのほうにはサブカメラはない。違いはこんなところかな

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070316-00000088-zdn_m-mobi

スポンサーサイト

TAG : 東芝 911T W52T ソフトバンクモバイル ほぼ全部入り

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。