スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀江貴文被告に実刑判決

執行猶予はつくと思ってたのでビックリ

東京地裁104法廷、午前10時。神妙な面持ちで証言台に立った堀江貴文被告に対し、小坂敏幸裁判長は厳しい表情で、証券取引法違反の罪では極めて異例の実刑判決を言い渡した。

延々と判決文を読み上げる小坂裁判長。「虚偽の内容を公表することを認識していた」「宮内・中村の供述は、メールによって裏付けられ、一致しているので信用できる」。起訴事実をすべて認める内容で、肩を落として聞いていた堀江被告は気分が悪くなり、途中でトイレへ立つ場面もあった。

堀江側よりも元部下のほうが信用されての判決になった。判決を聞いて気分が悪くなったと
いうことは、この判決を予想もしていなかったのか?

判決文を読み終えた後、小坂裁判長は「ひとこと言っておきたい事がある」と言って、再び堀江被告を見つめた。

 「今回の事件に関し、裁判所にハンディキャップがあるお子さんを持つお母さんから、手紙をもらった。若くして成功した堀江被告の姿に勇気付けられ、ハンディを克服して働く力をもらったという。貯めたお金でライブドアの株を買って、今も持っているそうだ。実刑にしたが、今までの生き方すべてを否定しているわけではない。罪を償って、再出発をしてほしい」

堀江被告は一瞬よろめき、被告人席に戻るその目は赤くなっていた。

堀江貴文被告はこのはなしをどのような気持ちで聞いていたのでしょう。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト

TAG : 堀江貴文 ライブドア 判決 小坂敏幸

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。