スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松坂ついに

 レッドソックスの地元紙「ボストン・ヘラルド」紙の電子版は、15日付けで、松坂の6年契約年俸総額5200万ドルの大型契約には、トレード拒否権が付帯されていると報じた。関係者によると、レ軍がトレード拒否権を与える条件として、球団ルールを設立。1)外国のリーグから移籍した選手であること、2)6年以上の長期契約 3)メジャー契約であること。松坂は3条件の全てを満たしていることから、松坂自身が同意しない限り、今後6年間はトレードで放出される可能性はないという。

・トレード拒否権といっても松井稼頭央のときみたいにあまりに成績が悪いと拒否なんてできない
  だろうけど

 その他、専属マッサージやトレーナー、キャンプ地フォートメイヤーズとボストンの両方の住居、本人と家族のための年間8往復の日米フライトチケットを6年間分など、付帯条件だけでも総額6000万ドルと、同紙は伝えている。

・海外では当たり前なのかな

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト

TAG : 松坂大輔 レッドソックス 年俸

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。