スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バブル崩壊後の銀行と同じですね

大手消費者金融4社に新規の融資を申し込んでも、審査の結果断られるケースが急増している。貸金業の上限金利が2009年にも現行の年29・2%から20%に引き下げられるため、経営環境の悪化をにらみ、各社とも審査を厳しくして焦げ付きリスクが低い融資にシフトしているためだ。大手消費者金融の融資拡大路線の見直しが鮮明になってきた。

アイフル、アコム、武富士、プロミスの大手4社の1月の新規融資申込者は計13万6000人。このうち、審査を通過して実際に融資を受けた人の比率を示す「成約率」をみると、4社の平均は前年同期比19・4ポイント低い44・1%に落ち込んだ。7万6000人が門前払いされた計算だ。特にアイフルの成約率は36・0%と同34・1ポイントも低下。貸出先を厳選した跡がうかがえる。

融資の申込件数は減少傾向が続いているが、「廃業した中小消費者金融の顧客が大手に流れている」(業界関係者)ため、4社の中には減少幅が小幅にとどまったところもある。ただ、大手は中小より審査が厳しく、スムーズに乗り換えられないことが多い。

他社からの借入件数など審査のハードルを一層高める動きが出ていることも、貸し渋りに拍車を掛けている。

 大手の融資絞り込みが続けば、行き場をなくした消費者金融利用者は法外な利息を要求する「ヤミ金融」に流れる恐れもある。今後は、違法業者の監視強化などの対策が一段と重要になりそうだ。

・銀行で融資を断られ中小消費者金融が廃業してしまい大手消費者金融からも断られて
  最後はヤミ金融しかなくなるのか。銀行で何とか貸してもらえるようにならないのかな?

  国の方針でこの事態になったのだから、なんとか国がよく言うセーフティーネットを張って
  くれることを期待するけど、でもあまり期待できない感じがするのはなぜ?

(引用:フジサンケイ ビジネスアイ

スポンサーサイト

TAG : アイフル アコム 武富士 プロミス 消費者金融 融資

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。