スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西武ライオンズ栄養費問題

プロ野球・西武ライオンズが選手獲得に絡み、栄養費などの名目で、2人のアマチュア選手に現金を渡していた問題で、10日、現金を受け取っていたアマチュア選手は、社会人野球、東京ガスの左腕投手(21)と早大3年生の内野手(21)であることが分かった。

東京ガス広報部は「監督が午前中にこの選手から事情聴取し、その後に事実関係などを説明する」と話し、部長、監督が本人同席で記者会見することを明らかにした。

 一方、沖縄県浦添市でキャンプを張っている早大野球部の応武篤良(おうたけ・あつよし)監督(48)は午前、浦添市民球場で記者団の取材に応じ、「寝耳に水。事実関係は全く知らない」と困惑した表情を見せた。現金を受け取ったとされる学生は沖縄キャンプに参加しておらず、今後、部で詳しく事情を聞く方針といい、応武監督は、「(本人が現金授受について)知っていたかどうか分からないし、何も分からない。将来のある人間だ。実名は避けてもらいたい。(学生を)守ってやりたいとしか言いようがない」と話した。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070310-00000004-yom-spo

・それにしても栄養費というネーミングはいかがなものか、現在の日本で栄養不足の人なんて
  どれだけいるのかましてや社会人や私学の大学に入れる人に栄養付けさすためになんて
  ちょっと考えられない、どう考えても自身の球団に入団させるための裏金としか思えません。

スポンサーサイト

TAG : 栄養費 裏金 西武ライオンズ プロ野球 アマチュア野球

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。