スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SONYが格安Blu-rayプレーヤー投入

ソニーが計画しているBlu-rayプレーヤー「BDP-S300」は599ドル、PS3のハイエンド版と同じ価格になる。

ソニーは2月26日、従来よりも安価なBlu-rayプレーヤーを夏の初めに投入することを明らかにした。同フォーマットをDVDの後継とするための戦いにおいて、これは重要な一歩だ。

 「BDP-S300」は599ドルの価格ながら、ソニーが現在999ドルで販売しているBDP-S1と同じ機能を持つと、Sony Electronicsのホームプロダクト部門上級副社長ランディ・ウェイニック氏は語る。

 ソニーと、同じくBlu-rayプレーヤーを製造しているSamsungと比べて、ライバルのHD DVDフォーマットに対応した東芝のプレーヤーは安い価格で売られている。東芝は499ドルのモデルを提供している。

しかしいずれのフォーマットのプレーヤーも売れ行きは芳しくない。消費者は、市場がいずれかの規格に落ち着くのを待って様子を見ている。

 高精細ディスクを買う人のほとんどは、プレイステーション 3(PS3)で再生することが目的だ。PS3には499ドルと599ドルの2つのバージョンがあり、昨年の販売台数は180万台に上った。

 「PS3購入者の80%が、Blu-ray映画を購入している」とウェイニック氏はマスコミに向けて語った。

 「これらの消費者は、これこそが自分の選ぶフォーマットだと決めた」と同氏は語り、Blu-rayディスクの販売がHD DVDを3倍上回ったとするNielsen VideoScanの小売りデータを引き合いに出した。

 BDP-S300はBDP-S1よりも小型で、DVDプレーヤーと同じくらいの大きさ。現行モデルと同様、1080pと呼ばれる最高の高精細フォーマットで信号を出力できる。BDP-S1にはないCD再生機能も備える。

 Sony Electronicsのスタン・グラスゴー社長はニューヨークでの会合で報道陣に、Blu-rayプレーヤーの価格はクリスマスまでに500ドルを切るはずだと語った。

 ソニーはこれまで、DVDプレーヤーのコモディティ化があまりに早く、1台50ドルのプレーヤーが大半を占める市場で利益を出すのは困難だと不満を漏らしていた。グラスゴー氏は、Blu-rayプレーヤーも同じ道をたどるとの予測を示した。

 「いつかBlu-rayもDVDのようになるだろう」(同氏)

(引用:ITmedia News

・売れまくって一般庶民が買いやすい価格に早くなってほしい

スポンサーサイト

TAG : ソニー SONY Blu-ray

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。